ジャックスプレシャスIPA

銘柄名 ジャックスプレシャスIPA
Jack’s precious IPA
醸造所 ザ・ムスケティールス醸造所(アルケン・マース醸造所)
カテゴリ インディアペールエール
アルコール度 5.9%
カラー ゴールド系
テイスト コクのある味
グラスタイプ チューリップ型のグラス

ベルギービール三条まどべのレギュラー樽生
やや霞んだゴールデンカラー。シトラによるグレープフルーツや松やにのアロマに、マグナムによるグラッシーな強い苦味。ソフトでクリーミーなモルトのボディがホップを受けとめバランスを形成しているシンプルでナイスなIPAです。季節を問わずドリンカブルでリフレッシュ、のどの渇きを癒してくれます。
ジャックスプレシャスIPAは動物園の象ジャックの伝説をモチーフにしたビールでで、この伝説は大方実話のようですが多少脚色もされているようです。
伝説:19世紀のゲントには動物園がありました。しかしながら年々人気が無くなっていき、20世紀初頭の1905年には閉鎖の憂き目にあいます。その際動物園は自社の動物を全て売ってしまわなくてはなりませんでした。そこにイースト取扱業者(ベーカリーやブルワリーにイーストを売る業者が昔あったらしい)であるシスケという男が動物園の象ジャックに目をつけます。彼はジャックを動物園から買い、高いマージンでロンドンの動物園に売ろうとしましたが先方から断られてしまいました。象というのは飼育するのに食費にかなりの費用がかかります。これ以上ジャックを持っていられないと判断したシスケはジャックを殺してしまうことにしました。そして殺したジャックの肉をオランダのソーセージ工場に売ってしまったのです。動物園の象がソーセージの肉とされてしまった、これがジャックの悲劇の結末です。
ジャックへのトリビュートとして、またこのようなベルギーのローカルな伝説を伝える「ベルジャンレジェンドシリーズ」の一つとして生まれたのがジャックスプレシャスIPAです。エグイ話ですが、肉切り包丁とソーセージを持ったガネーシャ像のラベルがベルギービールらしいブラックユーモアを湛えてますね。
(alc. 5.9% 50IBU)

Jack’s precious IPA
瀬戸 啓一朗

瀬戸 啓一朗 の紹介

当サイトの管理人

コメントをどうぞ

※メールアドレス欄は任意です。記入しても公開はされません。
※サイトをお持ちの方は是非「ウェブサイト」欄にURLをご記入下さい(リンクされます)。


※本文にYouTubeまたはFlickrの動画や画像のURLを記載すると、その場所に動画や画像を自動的に埋め込んで表示できます。
 また、画像は「送信ボタン」下の専用フォームから直接アップロードすることもできます。

あまりに辛口なコメントは削除される場合があります。広い心で楽しくやりましょう:-)

:wink: :twisted: :roll: :oops: :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :arrow: :?: :-| :-x :-o :-P :-D :-? :) :( :!: 8-O 8)